全身脱毛をしたらビーチで思いっきり楽しみたい

むだ毛があると、気になってその処理を行います。
しかし、自分で処理をした場合、自分が処理をできる範囲しかできないのです。
また、それを行っても、綺麗に処理が出来ているのか不安になります。
そのため、エステなどを使用して脱毛をした時は、その脱毛をした部位について、自信をもつことができます。
全身脱毛をすると、ますます素敵になった体を見て欲しいという気持ちになります。
そして私が全身脱毛をすることができたら、まず水着になって、ビーチで思いっきり楽しみたいと思います。
そのビーチに着ていく水着は、かなりきわどい感じのものを選択したいと思っています。
全身が綺麗になって、その姿を披露できるのは、その場が1番だからです。ですから、素敵になった自分を多くの人にみて欲しいと思います。それは、全身脱毛を経験しないと、そのような気持ちになることはまずありません。全身の綺麗な肌に対して自信を持つことができた時、始めてそのように大胆になることができるのです。有名人で言うと、米倉涼子のようにスタイルよく、素肌美人の人のように、素敵に自信を持って砂浜を歩いてみたいです。また、ビーチでいても全身脱毛をした肌はケアされているので、日焼けなどに対しても、心配することなく、肌を見せることができます。
鼻毛






肌を大胆に出して自分をチェンジ!

全身脱毛をするということは、全身どの部分を見られても恥ずかしくないということですよね。恥さえなければ私は真夏の暑い日に思いっきり肌を露出した服を着て目立ってみたいです。
もちろん露出と言っても犯罪になるようなものではありません。
私は今までムダ毛のせいで地味な服、大部分の肌を覆う服ばかり着てきたので、自分を変えるという意味で露出の多い服を着てみたいのです。
枝毛
肩、背中、足など、見せられる部分は見せて涼しい格好をしたいです。
暑い日に全身黒でしかも肌を覆っていたら熱中症になってしまいそうです。
肌を出すことが熱中症対策になるわけではありませんが、少しでも体が蒸れないようにしたいです。
水着を着るのもいいですね。ビキニなんて今まで経験したことがないので、ダイエットしてお腹をへこませて友人とはしゃいでみたいです。
全身脱毛をするとできることがたくさんあっていいですね。特に夏は気兼ねなく肌を見せることができますから、自分自身を変えることができそうです。開放感のある服を着て遊んで、思いっきり夏を楽しみたいと思います。自分を大々的に変えたら、もしかしたらナンパされたり声をかけられたりするかもしれませんね。そういう経験もしてみたいです。”






スタッフの不親切な対応に不満を感じました

ムダ毛をきれいに処理したいと思い、脱毛エステに通って全身脱毛の施術を受けることにしました。
全身脱毛のコースの中には、両ワキ脱毛や脚脱毛やVIO脱毛が含まれていました。
脱毛施術を受ける前から痛みや熱さを心配していたのですが、チクッとするような痛みが強くて肌への負担を強く感じました。痛みや熱さを感じるのに、クールダウンやアフターケアが十分でないように思えて不満に感じました。

もう少しきちんとケアして欲しいと伝えると、スタッフの人からそっけない返事をされました。
Vライン脱毛を受けたのですが、残す毛のデザインを伝えていたのですが、実際に脱毛施術をうけてみると自分が思っていた形とは違っていて、決してキレイな形には思えませんでした。
Vラインでは黒ずみが気になるので対処法などを尋ねましたが、適当に流されてしまい、何の処置もしてくれませんでした。こちらは客なので、もっとスタッフの人にていねいに対応するように教育してほしいと思いました。
抜毛






愛想がない店員さんに対しての不満

私は現在30代の女性です。5年ほど前に結婚し、今は2人の子どもがいます。

毎日子育てと仕事に追われる生活を送っています。
そのため、今までは自分で処理していた脱毛を、最近では脱毛サロンに行って行うようにしています。とはいえ、先日とても嫌な思いをしました。今日はその際の体験談を記したいと思います。
現在通っている脱毛サロンは今から半年ほど前に始めて利用するようになりました。
除毛利用し始めたときには、接客が非常に良く、満足していました。しかし、最近スタッフの入れ替わりがあり、何名か新しいスタッフが勤務するようになってから、不満を感じることがありました。
その一つは、あまりにもマニュアル化した接客をすることです。相手の目も見ないで、いつも決まったことしか聞いていきません。「痛くないですか?」という質問も全く感情を感じませんし、お客様というよりもモノとしか見ていないような接客をされます。
さらに不安なのは衛生面です。先日、施術してくれた人は喫煙者のようで、手がかなりタバコ臭く、かなり嫌な思いをしました。






当時付き合っていた彼と、初めてのハワイ旅行に出かけました。

ハワイ行きが決まってからは、何週間も前からうきうきで旅行の準備をしました。
旅先でのいろんなシチュエーションを思い浮かべ、洋服や水着や化粧品などを買い込みました。
ハワイで行きたい場所やショッピング情報なども入念に調べ、あっという間に旅行の前日になりました。
出発前日は、ムダ毛の処理とお肌のお手入れを入念にして、早めに寝ようと思っていました。
ところが、旅行時準備で疲れたのか眠くなってしまい、ムダ毛もお肌のお手入れもせずに寝てしまいました。
無事にハワイに到着し、さっそくビーチに繰り出すことにしましたが、私にはムダ毛処理という任務が残っています。
バスルームで、レディースシェーバーでしっかりお手入れして出かけました。

ワキ毛
ビーチに出ると、かなり日差しが強く、しっかりと日焼け止めをつけていました。
ところが、一時間もすると彼に「おまえの脚、毛深いんだな」と言われました。
あわてて脚をみると、ムダ毛がびっしり!ではなく、赤いブツブツがびっしりできていました。
赤いブツブツの正体は、毛穴です。
シェーバーで剃った直後に、強い日差しを浴びたので、毛穴が炎症を起こしてしまったのです。
いかにも「剛毛を強引に剃りました!」という感じで恥ずかしかったです。
剛毛を見られるのも嫌ですが、毛穴で剛毛がバレるのもそうとう恥ずかしいものです。
やはりムダ毛のお手入れは、やっつけ仕事ではいけないんですね。






急ぎすぎてヒリヒリ肌に!

夏といえば薄着。
となると、やっぱり露出の多い腕や足の毛が気になります。
もともと毛が多くて濃ゆい私。
かなりマメなお手入れが必要なのです。
普段はお風呂場でよく温まってから、カミソリで処理をします。
私は毛は丈夫だけど肌はあまり強くないので、肌を柔らかくしてからのカミソリは大事なんです。
そして風呂上りには保湿クリームをたっぷり。
ただでさえ夏の紫外線でいじめた肌をこれ以上傷めつける訳にはいかないのです。
しかしある時、飲んで遅く帰ったため、お風呂でムダ毛処理をやらなかったんですよね。
次の日休みだし、なんて油断もあったかもしれません。
けれどすっかり忘れていたんです。
肌リンク
休日だから友達とプール付きのスパに行く約束をしていたことを。
朝になってもう大慌てでした。
かといってゆっくりお風呂なんて時間はありません。
さすがにいきなりカミソリはまずいかと、洗面台にあった泡で出るハンドソープを足に塗りたくりました。
そして即カミソリでスルスル剃っていき、最後だけシャワーで全身洗い流して完了です。
時間はギリギリ、急いで着替えて荷物を用意して出かけました。
約束には間に合い、ウキウキとプールで水着になったのですが…
なんか足がヒリヒリする。
よく見ると足全体が赤くブツブツに!
毛はないけど、それより見た目ヒドイ状態になってしまってました。
気づいてしまうともう、痛いし恥ずかしいし、プールどころじゃなかったです。
友達4人で来てたんですが、体調不良を訴えて先に帰らせてもらいました。
このヒリヒリとブツブツはしばらく治らず、結局数日間は季節を無視した長袖長ズボンで過ごすことになった私。
どんなに急いでる時でも、肌のケアは大事なんだなと実感した一件でした。






結婚式で見つけてしまったムダ毛

その日、人生で一番の晴れ舞台を迎えた友人は、仲間内でも美人で通っていて、その子と街中を歩けばナンパされると評判のすごく綺麗な子でした。

そんな美人な友人の結婚式、どんなウェディングドレスを着るのかすごく楽しみでした。

待ちわびた彼女は予想以上に美しく、思わずため息が漏れる、その言葉通りだったのです。

ですが、それはブーケトスのときでした。

私は既婚者だったので、独身の友人たちから離れ、その様子を見守っていました。

そして、友人が後ろを向き、空に向かって手を伸ばしてブーケを投げる瞬間、私は美しい友人のその脇に毛を見つけてしまったのです。

一瞬のことだったので、見間違いだと思いました。

まさか結婚式にムダ毛の処理が完璧じゃないなんてあり得ないと思ったのです。

ですが、その後の披露宴で友人がスピーチをしてくれた友達に向かって手を振っているときに、私はまた見つけてしまったのです。

見間違えではありませんでした。

おそらく気が付いてない人のほうが多いと思います。

でも、私の記憶の中にはずっと残るだろうと思います。

もちろんその友人にムダ毛があったなんて口が裂けても言えませんし、一緒に列席した友達にも話せません。

脱毛ラボの全身脱毛コース
ミュゼのWEB予約はこちら
シミ取りクリームランキング